大腸カメラ(大腸内視鏡)

このような症状の方は大腸内視鏡検査(大腸カメラ)をお勧めしております

  • 血便
  • 検便検査陽性
  • 便秘や下痢が続く
  • 細い便がでる
  • その他便通の異常
  • 体重が極端に減少している
  • 腹痛や腹部の膨満る

症状がない方でもこんな方は大腸内視鏡検査のきっかけにしてください

  • ピロリ菌検査の経験がない※
  • 近い親族に消化器系がんの方がいる※
  • 飲酒量が多い、喫煙の経験(過去でも)※
  • 健診などで貧血を指摘された

食道がん、胃がん、大腸がんなど初期段階で自覚症状が出ないことの多いがんになります。
早期発見による治療により完治が見込めるのが消化器系のがんです。したがって症状がない場合でも、定期的な検査をお勧めしております。
※自覚症状や検査異常のない場合の検査は保険診療ではなく自費診療の扱いとなりますことご了承ください。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)

大腸全域の粘膜を詳細に観察できる検査であり、疑わしい部分の組織採取によって確定診断にも有効です。早期の大腸がんや前がん病変である大腸ポリープを発見できる唯一の検査です。大腸がんは日本で患者数やがんによる死亡者数が増加し続けています。自覚症状がほとんどないままゆっくり進行するため、転移などを起こしてから発見されることが多いのですが、早期に発見できればほとんどの場合は完治可能です。また、大腸がんは大腸ポリープから発生することが多く、大腸ポリープを切除することで将来の大腸がんを予防できます。大腸内視鏡検査では検査中に発見した前がん病変の大腸ポリープをその場で切除する日帰り手術が可能です。
大腸内視鏡検査では、事前に大量の下剤を服用する必要がありますし、一般的な手法では苦痛をともなうことがありますが、当院では鎮静剤を用いた検査、下剤を服用する必要がない検査、検査中の苦痛を最小限にする高度な手法、消化器内視鏡専門医・指導医による検査、そして最新の高度な内視鏡システム導入などによって、楽に受けられる大腸内視鏡検査を行ってます。

細部にまで配慮した高度な検査で苦痛を最小限に

LASEREO7000当院では、富士フイルム社の『LASEREO 7000システム』という最新の内視鏡システムを導入しています。FICEの分光画像処理によって微細な色の変化を強調する白色光観察に加え、2波長のレーザー光源による粘膜構造や毛細血管の微小な変化を強調するBLI、赤色領域を強調するLCIによる観察が可能であり、炎症や早期のがんの発見に役立っています。

BLI/LCI機能

BLI/LCI機能BLIは、短波長レーザー光によって高コントラストな画像を得られる機能で、早期がんに特有な血管や表面構造の微細な変化をわかりやすくします。LCIは色の拡張・縮小を行って赤や白を強調することで微妙な色の変化を際立たせ、炎症診断に役立ちます。こうした4種類の観察タイプは、手元の操作で簡単に切り替えることができるため、スピーディに精緻な検査が可能です。

ワイドモニター対応の画面表示

ワイドモニターフルサイズ表示も可能であり、より見やすいレイアウトになったことでスムーズな観察が可能になっています。

内視鏡炭酸ガス送気装置

炭酸ガス送気腸は曲がりくねっていますので、ヒダやシワがたくさんあります。そうした部分もすみずみまで観察するために、大腸内視鏡検査中には空気を送り込んでヒダやシワを伸ばして観察していました。ただし空気を入れると検査後も長く腹部の張りが残り、膨満感による苦痛を感じることもありました。当院では空気の200倍吸収されやすい炭酸ガスを送気する内視鏡炭酸ガス送気装置を用いることで腹部の張りを素早く解消できるようにしています。吸収された炭酸ガスは呼気になって自然に排出されるため安全性も高くなっています。

当院の大腸内視鏡検査の特徴

特徴1. 鎮静剤を用いてリラックスした状態の検査が可能

鎮静剤によって、ウトウトした眠っているような状態で大腸内視鏡検査を受けられます。痛みや苦痛がないことに加えて、筋肉もリラックスした状態ですからスムーズで負担のない検査が短時間で可能になります。

特徴2. 最新の内視鏡システムによる高度な検査

LASEREO7000当院では、富士フイルム社の『LASEREO 7000システム』という最新の内視鏡システムを導入しています。FICEの分光画像処理、粘膜構造や毛細血管の微小な変化を強調する2波長のレーザー光源を用いたBLI、赤色領域を強調して炎症診断に役立つLCIなどにより高度で精度の高い検査が可能です。微細な病変の発見を強力にサポートする4種類の観察タイプは手元で簡単に切り替えることができるため、スピーディに精緻な検査を行うことができます。検査を行う院長は消化器内視鏡専門医・指導医であり、その経験を十分に生かせる内視鏡システムです。

特徴3. 苦痛を最小限にする無送気軸保持短縮法

腸は曲がりくねっていてその形状は個人差が大きく、癒着などがある場合もあります。大腸内視鏡検査による苦痛はスコープの挿入時に大腸が圧迫されることで起こりますが、これは複雑な形状の大腸内を手探りで挿入することで起こることがほとんどを占めます。当院では、大腸を圧迫せずにスコープを挿入できる無送気軸保持短縮法という高度な手法を駆使することで楽に受けていただけて安全性の高い検査を実現しています。

特徴4. 検査中に大腸ポリープ切除の日帰り手術が可能

日帰りポリープ切除大腸がんは、ほとんどが長く放置された前がん病変の大腸ポリープから発生します。そのため、大腸ポリープの段階で切除することで将来の大腸がん予防になります。当院では大腸内視鏡検査中に発見した大腸ポリープをその場で切除する日帰り手術を行っています。高度な観察を行うことで種類や形状、構造、血管の状態、大きさなどを見極め、切除の必要性や適切な切除方法を判断して行っています。切除を行っても入院の必要なく、そのままご帰宅できます。切除のためにスケジュールを改めてつくる必要がなく、事前準備の食事制限や下剤の服用も1回です。

特徴5. 炭酸ガス送気により膨満感解消

炭酸ガス送気大腸のヒダやシワを伸ばしてすみずみまで観察する際に空気を送りますが、その際に当院では吸収が早い炭酸ガスを送気することで検査後の膨満感を解消しています。空気に比べて200倍吸収が早いとされているため、苦しいおなかの張りが残りにくくなっています。

特徴6. 院内で下剤を服用できます

大腸内視鏡検査では、腸に残っているものがあると微細な病変を見逃してしまう可能性がありますので、事前に下剤を服用して腸内を空っぽにします。この下剤服用を当日ご自宅で行って便意が落ち着いたらご来院いただくというのが一般的ですが、当院では早めにご来院いただいて院内で下剤を服用することも可能にしています。下剤を服用したことがない方や下剤を飲んだ後の移動が心配な方など、下剤服用に関してご不安がある場合も安心して検査を受けられます。また、下剤服用専用の個室を完備していますので、リラックスした状態でお過ごしいただけます。他の人が使わない専用のトイレが用意されているので、周りの目を気にせず、自身のタイミングで排便が可能です。プライバシーに配慮した個室ですが、スタッフ呼び出しボタンも付いておりますので、スタッフがすぐにうかがいます。また、大量の下剤を飲む必要がない大腸内視鏡検査も行っています。

特徴7. 検査後、リカバリールームに寝たまま移動

鎮静剤を使った検査では、検査後にリカバリールームでお休みいただきます。当院では、ストレッチャーで鎮静剤を使った検査を行うことで、検査後も寝たままの状態でそのままリカバリールームにお運びしています。ぼんやりした状態で無理に移動する必要がないため、お体への負担なくゆっくりお休みいただけます。

特徴8. 胃と大腸の同日内視鏡検査が可能

1日で胃と大腸の内視鏡検査の両方を受けていただくことも可能です。2回の検査のために別スケジュールをつくる必要はありませんし、前日の食事制限も1回ですみます。ただし、同日検査が可能かどうかに関して、事前に医師が診察して判断する必要がありますので、ご希望がありましたらご相談ください。

特徴9. 土曜日も検査可能です。また、日曜日は月1回(毎月最終日曜日)検査に対応

当院では毎週土曜日にも内視鏡検査を行っており、日曜日の内視鏡検査も毎月1回(毎月最終日曜日)行っています。平日にはなかなか検査スケジュールをつくれない方のために実施していますが予約が埋まりやすいため、早めにお問合せください。

大腸内視鏡検査の流れ

ご予約

普段、お薬を飲んでいる場合には、飲んでいるお薬について必ずお伝えください。検査前日や当日に、休薬の必要がある場合もあります。たとえば、糖尿病の内服薬やインスリンは、服薬すると低血糖になる可能性がありますし、血をサラサラにする抗血栓薬を服用中の場合は、場合によっては休薬をしていただくなど、注意が必要な薬がいくつかありますので、事前に必ずご相談ください。

前日

前日アルコール、牛乳、コーヒーの摂取は控えてください。
3食は消化の良いものを食べてください。なお、当院では適した内容の検査食(3食約1,500円)をご用意できますので、ご希望がありましたらお申し出ください。水や薄いお茶など、糖分がなく透明な水分は制限なく飲んでいただいて大丈夫です。
夕食を21時までにすませたら、就寝前に下剤を2錠内服します。

当日朝

朝食は食べないでください。糖分がなく透明な水や薄いお茶は飲んでも構いません。
服薬を指示された薬がある場合には、検査の3時間前までに水で内服してください。

鎮静剤を使う検査では、当日の車・バイク、自転車の運転ができません。ご来院・ご帰宅には、公共交通機関を使うか、ご家族などの送迎をお願いしています。

院内下剤の場合

院内で下剤を服用される検査の場合、検査4時間前までにご来院いただきます。

自宅下剤の場合

ご自宅で下剤を服用する場合は、検査の4時間前には服用を開始します。便意が落ち着きますので、検査30分前までにご来院ください。

検査準備

便が透明になっていることを確認して、検査準備を行います。
鎮静剤を使う検査では、点滴を行います。

検査

通常の検査時間は15~30分程度です。ポリープ切除や生検のための組織採取を行う場合にはもう少しかかります。

リカバリー

鎮静剤を使った検査では、検査後30分~1時間ほどリカバリールームでお休みいただきます。

検査結果のご説明

検査結果のご説明は、鎮静剤を使わなかった場合は検査後すぐに、鎮静剤を使った場合は目覚めた後に行います。検査を行った医師が検査画像などを用いてわかりやすくご説明しています。なんでもお気軽にご相談ください。
なお、生検を行った場合には、結果が出るまでに1週間ほどかかりますので、結果が出てから再診いただいて、ご説明となります。また、組織採取やポリープ切除を行った場合には、ご帰宅後の食事や運動、長距離移動などについてのご注意もしっかりお伝えしていますので、それをお守りください。

ご帰宅後

飲食は1時間後から可能です。ただし、組織採取やポリープ切除を行った場合は、3時間以上経過してから消化の良いものを食べてください。
検査後、当日は無理をせずにお過ごしください。激しい運動なども控えてください。また組織採取やポリープ切除を行った場合には、最長1週間程度、いくつかの制限を守っていただく必要があります。

大腸カメラ検査の費用

※スクロールで全体を表示します。

  1割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 約2,500円 約6,500円
大腸カメラ+病理組織検査 約3,000~6,000円 約8,000~12,000円
大腸ポリープ切除 約7,000~10,000円 約20,000~30,000円

 *初診料、再診料などは別途必要です。鎮静剤使用の有無・病理診断やポリープ切除術は大きさ・個数などで金額が変わります。大腸ポリープを切除すると「内視鏡手術」として生命保険の還付金がおりる場合があります。生命保険や医療保険に加入されている方は、保険会社にご確認ください。

TOPへ